スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ソラ
 
[スポンサー広告
言葉の重さ
今日、中学生と英語の話をしていて
『love』を使った文章が出た時に『大好き』という
和訳がありました。

そこから一人の男の子が

『I love you.』と『愛してる』って重さが違うよね。

と言いました。

そうかな~。
 そんなことないと思うけどな。


えぇ~!!
 全然違うよ。
 日本語にすると重くなる!!


じゃあ、好きな子には
 『I love you.』って言ってあげてね♪


やだよ~。
 英語で言うなんておかしいじゃん!!


何て子どもたちに言いながら、中学生が
『愛してる』と感じることはまだないのかなと思いながら
確かに英語と日本語だと、感じ方が違うかもなと思いました。

彼と付き合うようになって、
『大好き』という言葉だけでなく
『愛してる』とも言うようになりました。

それまで使ったことのない言葉。

でも、彼には言える言葉。

そう考えると、『愛してる』という言葉は
やっぱり特別だなと思います。

もちろん『I love you.』だって同じこと。

中学生と話しながら、そんなことを考えていました。
彼のことを思い出しながら・・・。
スポンサーサイト
Posted by ソラ
comment:2   trackback:0
[ひとりごと
comment
はじめまして。最近よく遊びに来させてもらっています。

私もI love youと愛してるだと重みが違うなーと感じます。
アメリカ人は家族や恋人など親愛なる人たちに、
電話越しでもすぐにI love youというので、
気軽な気持ちを伝える言葉の一つじゃないかなーと。
そう考えると、日本人で家族や恋人に電話で簡単に
愛してるなんて言わない気がしますねー。
ましてや家族に言うなんて変ですよね。笑

それにしても英語を使う環境に浸かるにつれて、
日本語って素敵な言語だなーと度々思います^^
2007/10/26 15:33 | URL | edit posted by Cana
☆Canaさん☆
はじめまして。
遊びに来ていただいてありがとうございます。

日本人は、そういう言葉を口にするのが
苦手な人が多いですよね。
海外の人は、恥ずかしがらずに言えるのがすごいなと
いつも思います。

と言いつつ、私はよく彼に言うんですけどね(・´ω`・;A アセアセ
でも、この言葉の意味を大切にしていきたいです。
伝えたい気持ちだけど、軽くは感じたくないなと思います。
2007/10/26 23:11 | URL | edit posted by ソラ
comment posting














 

trackback URL
http://soralife.blog67.fc2.com/tb.php/306-0a06e24b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。